おだやかうららか雑貨:pacarana

おだやかうららか生活を支えてくれる雑貨たちを綴るブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ

洗濯物をためていく話。

湿気が気になる季節になってきた今日この頃、洗面所で気になってしまうものシリーズその1(と今決めました)。
洗濯するものをためていくスペースとその周辺。

と、突然行ってみましたが、小さな小さな我が家でも、それでも快適にすてきにすごしたい。そして、少しでも気になるところはなんとか過ごしやすくできるように工夫したい。わたしのおうちに対するモットーはこんな感じなのです。が、そんな工夫がなかなかしずらいのが洗面所ではないかと最近すごく思うんです。

だって、狭い・水場・風通しが悪い・必要な物が多い(女子は特に)の4重苦。
我が家ではでっかいドラム式洗濯機が置いてあるので、よけいにそう感じたりするんです(結婚のお祝いに自分の両親からもらったものなので、邪険にしているわけでもなく大事にしてるんですけど、ね。やっぱり大きい…)。
そんなわけで、ちょっとでも快適に過ごせるよう、日々努力をしていたりするんです。
その中で、今回は洗濯もの入れをどうしたか、ちょっとだけご紹介してみます。

さてさて。
今の洗濯もの入れは2年も住んでいないのにもう3代目だったりします。
それはなぜか、というと「やっぱりかわいいおしゃれな見栄えの良いものがほしい」というわたしの欲のせいだったりしたんですが、最初からご紹介していきますね。

まず初代洗濯もの入れ。
それは某かわいいインテリアショップの布製洗濯もの入れでした。
カタチは長方形で壁にすっぽり収まるように大きさもしっかり吟味。
洗濯ものを入れても中が見えないようにちゃんとふたまでついているもので、めちゃめちゃお気に入りでした。
が、しかし。
使い始めて3ヶ月もしないうちに、カビくんが大量発生、そしてちょっと臭う・・・。ハイターをがんがんやっても落ちてくれない。
そりゃ濡れたバスタオルなんか入れていた上、共働き夫婦なので洗濯は週1~2回。当たり前といえば当たり前ですが、この出来事はショックが大きかった。。。

そんなわけで2代目。
今度は内側にビニールコーティングされている布制・長方形・持ち運びも可、というものを選びました。
これならいけるんじゃない?と気合いを入れて使ってみたものの、だんなさんがびちょびちょに濡れた洗濯途中のものをぼんぼこ放り込むということをやらかし、「それにはさすがに耐えられません…」とでも言いたげにカビくんまたもや発生(我が家の家事は「ヒマがある人がやる制」なので、だんなさんがやる率は高い、けれどこういう出来事も多い)。

これまたショックが大きく、もう布を諦めて、別の方向で考え出した今の3代目。
以前ご紹介した洗えるカゴなどなど検討したものの大きさがないと我が家では耐えられないので泣く泣く断念。そして今に至るのです。

と、やっぱり定番に落ち着いた、とでも言いましょうか。
人気のあるものはやっぱり良いのね、というのを実感できる3代目でした。

  • カビない
  • 臭いもつきにくい
  • 汚れても洗える

やっぱりこれに尽きます。
ちなみに、ちょっとでも楽しくしようと、ま緑色を買いましたが、しろーい洗面所をパッと明るくしてくれて、なかなか見た目も良し。丸いので入る量も気になりましたが、今まで以上に入る上、多少たくさんでも気にせず押し込める気軽さもまた良し。です。
というわけで、洗濯もの入れ、やっぱり定番が1番ね、というお話でした。

次回へつづく・・・?

スポンサーサイト
ページトップへ
新着記事
ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。